--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯一のバラード「紫苑」について

2009年07月18日 00:44

そういえば、まだ歌詞ページが開設されてないので
歌詞をご存知ない方沢山いらっしゃいますよね

そこで、今日は紫苑の歌詞をUPしてみようと思います

********

融けてく、月が闇夜に
消えそうな星の心

手を差し伸べ
光と影、還してゆく
空へと

胸に残る孤独を今
映す、涙の痕
朽ち果てても傷付いても
願い続けている

血塗られた記憶を、なぞりながら 
失われてた罪を再び、背負う君の影 
せめて償うために、あの日のように
この手で君を壊してあげる
遺らず全てを

胸に手をあて
祈りを捧げ続ける
空へと

血も涙も全てを今
映す、この瞳
私は独り 傷付いても
刻み続けている

枯れかけたこの声、響かせてゆく 
切り裂かれた傷を再び、背負う君の影 
せめて躊躇わないで、あの日のように
この手で君を壊してあげる
遺らず全てを

胸に残る孤独を今
映す、涙の痕
朽ち果てても傷付いても
見上げ続けている

血塗られた記憶をなぞりながら 
失われてた罪を再び、背負う君の影 
せめて躊躇わないで、あの日のように
この手は君に終幕を見せる
紫苑の裁きを 

穢れた追憶と
壊れてゆく君を

********

テーマは「復讐」です。びっくりでしょ?
何故、この詩を書こうと思ったのかというと

人間、生きていれば色んな人に出会い、色んな感情を抱き、愛したり…時には嫌いになって、想いが深ければ憎んでしまうこともあるでしょう
そうしてるうちに、もしかしたら悲しい結末になってしまうかもしれない
それは絶対にしてはいけないこと
だから同じ人間として、その気持ちを自分の心の中で終わらせてほしいという願いから
紫苑が出来ました。

どんなに復讐したいっておもってても、出来ない人はきっと沢山いると思う
だから、紫苑を書きました
紫苑を聴いて、復讐した気になるだけでも、きっと少しでも救われると思うから。
沢山の人に聴いてもらいたいです

紫苑というのは花の名前で、花言葉は追憶です
普段明るく笑顔の絶えない人ほど、過去に想像のつかないくらい辛い経験をしていたり…

みんな色々あるんですよね。
でも、表に出せなかったり、出したくなかったり…
強がって、素直になれないから溜め込んでストレスになったり…

紫苑を聴いてるときだけでも、素直になれたら・・・
紫苑を聴いてるときだけでも、嘘偽りないアナタになれたら・・・

そんな願いも込めています。

耳だけじゃなく、心にまで想いを響かせたいから
私は歌い続けていく。




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。